Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚

SBI証券は、不正アクセスを受け、顧客の預かり資産が不正に出金されたことを明らかにした。偽造した本人確認書類によって開設された金融機関の口座に送金されたという。

同社顧客の6口座においてあわせて9864万円が不正に引き出されたもの。同社がモニタリングしていたところ、不審なアクセスを発見したため、顧客へ問い合わせたところ、9月7日に顧客から身に覚えのない取り引きがあったとの申し出があり、問題が発覚した。

同社では、ログの調査を実施してアクセス元を特定。他口座や同じ特徴の見られた取引履歴について調査し、6口座において被害を確認した。

同社によると、第三者が何らかの方法で入手した顧客の「ログインネーム」「パスワード」といったアカウント情報や「取引パスワード」が悪用され、7月から9月にかけて顧客が所有する有価証券が複数回にわたって売却され、保有資産から出金されていた。

(Security NEXT - 2020/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
コンタクト専門店のTwitterアカウントが乗っ取り被害
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで