Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券

野村證券の従業員が、一部法人顧客の取引情報を日本インスティテューショナル証券に漏洩していたことがわかった。

野村證券によれば、金融機関を中心とした法人顧客275社に関する上場投資信託の取引内容などが、同社従業員を通じて日本インスティテューショナル証券に漏洩していたことが判明したもの。

同社従業員に対し、2019年10月に日本インスティテューショナル証券へ入社した元従業員から不正な働きかけがあり、これに応じて2020年1月から7月にかけて複数回にわたって情報を漏洩していたという。

日本インスティテューショナル証券では、不正に入手された情報について働きかけを行った従業員が社内の部下2人に対して開示していたが、同社外部への二次流出は確認されていないと説明。同調査結果について野村證券も同様の認識であるとしている。

今回の問題を受けて野村證券では、対象となる顧客に対し説明と謝罪を行うほか、法的措置を検討。日本インスティテューショナル証券においても、引き続き詳細について調査を行って対応を進め、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2020/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も