Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大量アクセスで障害、一部プレスリリースが未送信に - PR TIMES

プレスリリースの配信代行サービスを手がけるPR TIMESは、サーバに対して大量のアクセスが行われて接続障害が生じ、一部プレスリリースの配信に影響が出たことを明らかにした。

同社によれば、9月4日に同社サーバに対して特定のIPアドレスから大量のアクセスが行われたもの。12時25分ごろよりサーバがアクセスできない状態となり、直後にサーバのダウンを確認した。

大量アクセスの影響で約15分間にわたり、同社サイトにアクセスできない状態となったほか、配信機能や同日の設定が停止し、同期間に配信が予約されていたプレスリリース1件が未送信となったという。

同社では、大量のアクセスが行われた発信元IPアドレスからの通信を遮断。12時41分ごろ復旧した。同社では、再発防止に向けてシステムの改善や、監視体制の強化を進めるとしている。

(Security NEXT - 2020/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
医療システムに不正アクセス、撮影画像が閲覧不能に - 市立東大阪医療センター
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響