Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大量アクセスで障害、一部プレスリリースが未送信に - PR TIMES

プレスリリースの配信代行サービスを手がけるPR TIMESは、サーバに対して大量のアクセスが行われて接続障害が生じ、一部プレスリリースの配信に影響が出たことを明らかにした。

同社によれば、9月4日に同社サーバに対して特定のIPアドレスから大量のアクセスが行われたもの。12時25分ごろよりサーバがアクセスできない状態となり、直後にサーバのダウンを確認した。

大量アクセスの影響で約15分間にわたり、同社サイトにアクセスできない状態となったほか、配信機能や同日の設定が停止し、同期間に配信が予約されていたプレスリリース1件が未送信となったという。

同社では、大量のアクセスが行われた発信元IPアドレスからの通信を遮断。12時41分ごろ復旧した。同社では、再発防止に向けてシステムの改善や、監視体制の強化を進めるとしている。

(Security NEXT - 2020/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
朝日インテックでシステム障害 - ランサム感染被害で
カプコンに不正アクセス - 一部社内システムを停止
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
慶大でシステム障害、一部学科で授業開始できず - 不正アクセスか
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を