Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大量アクセスで障害、一部プレスリリースが未送信に - PR TIMES

プレスリリースの配信代行サービスを手がけるPR TIMESは、サーバに対して大量のアクセスが行われて接続障害が生じ、一部プレスリリースの配信に影響が出たことを明らかにした。

同社によれば、9月4日に同社サーバに対して特定のIPアドレスから大量のアクセスが行われたもの。12時25分ごろよりサーバがアクセスできない状態となり、直後にサーバのダウンを確認した。

大量アクセスの影響で約15分間にわたり、同社サイトにアクセスできない状態となったほか、配信機能や同日の設定が停止し、同期間に配信が予約されていたプレスリリース1件が未送信となったという。

同社では、大量のアクセスが行われた発信元IPアドレスからの通信を遮断。12時41分ごろ復旧した。同社では、再発防止に向けてシステムの改善や、監視体制の強化を進めるとしている。

(Security NEXT - 2020/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
サーバがランサム感染、個人情報流出の可能性 - 豊島
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
サイトで閲覧障害、影響や詳細を調査 - メディキット
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
システム障害で製品供給に影響、サイバー攻撃に起因か - HOYA
ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック