Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出

業界別に見ると、全体の33%にのぼる「金融サービス」がもっとも多く、Microsoftを含む「クラウド(30%)」が僅差で続く。これに「ソーシャルメディア(16%)」をあわせると全体の約8割を占めている状況で、「eコマース、運輸(13%)」「通信(6%)」「政府機関(2%)」と続いた。

フィッシング攻撃が多い時間帯を見ると、水曜日がもっとも多く、火曜日が続いている。ビジネス関連のブランドを装うケースがウィークデーに狙われる一方、「Facebook」「PayPal」「WhatsApp」などコンシューマー向けサービスでは、週末に攻撃件数が多くなる傾向が見られた。

20200904_va_001.jpg
曜日ごとのフィッシングURL件数(グラフ:Vade Secure)

(Security NEXT - 2020/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加