Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IMや通話機能を備える「Cisco Jabber for Windows」に深刻な脆弱性

インスタントメッセージやビデオ通話、デスクトップ共有、会議機能などを備える「Cisco Jabber for Windows」に、リモートより任意のコードを実行されるおそれがある深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

「Extensible Messaging and Presence Protocol(XMPP)」によるメッセージの検証に脆弱性「CVE-2020-3495」が明らかとなったもの。認証された攻撃者より細工したメッセージを受信した場合に任意のコードを実行されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「9.9」で、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。「XMPP」以外のメッセージサービスを利用するよう設定している場合は同脆弱性の影響を受けない。

同社は、脆弱性を修正したアップデート「同12.9.1」「同12.8.3」「同12.7.2」「同12.6.3」「同12.5.2」「同12.1.3」をリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正