Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ

ニトリホールディングスがスマートデバイス向けに提供しているアプリ「ニトリアプリ」に脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

「Custom URL Scheme」を利用したアプリに対するリクエストにより、同アプリを経由して意図しないURLへ誘導されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-5623」が明らかとなったもの。Android版、iOS版のいずれも影響を受ける。

同脆弱性は、サイバーディフェンス研究所の永岡悟氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同社は脆弱性に対処した「同6.1.0」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正