Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委

沖縄県糸満市は、教育委員会において教育相談の依頼メールを関係機関へ送信する際、誤って第三者へ送信したことを明らかにした。

同市によれば、7月28日17時過ぎに同市教委の担当者が関係機関に対して教育相談の依頼をする際、依頼書を誤って第三者へ送信したもの。依頼書には児童2人の氏名と保護者名、学校名などが含まれる。

関係機関へ相談依頼をする場合、本来は紙面で依頼書を提出するが、担当者個人のスマートフォンを使用。依頼書をデータとして送信する際、メールアドレスを誤り、第三者へ送信したという。

関係機関から返答がないことに気づき、8月14日に連絡を取ったところ、誤送信が判明。同市では、誤送信先となった第三者に謝罪し、データの削除を依頼した。また対象となる児童の保護者に直接説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で教員選考試験受験者のメアド流出 - 沖縄県
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所