Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS向け仮想化製品「Parallels Desktop」に複数の脆弱性

Parallelsが「macOS」向けに提供している仮想化製品「Parallels Desktop for Mac」シリーズに、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

権限の昇格や情報漏えいなど、あわせて11件の脆弱性が明らかとなったもの。「同Standard」「同Pro」「同Business」「同App Store」が影響を受ける。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、このうち4件の脆弱性が「8.8」とレーティングされており、他脆弱性も「6.0」以上となっている。

いずれもZero Day Initiativeを通じて報告を受けたもので、脆弱性の判明を受け、同社では8月11日にリリースした新版「同16.0.0(48916)」にて脆弱性に対処した。

また同社は、これとは別に2019年10月以降、「同15」向けに公開した3回のアップデートで、あわせて9件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。

同社は利用可能となっているアップデートについては、すべてインストールするよう利用者に注意を呼びかけている。今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-17391
CVE-2020-17392
CVE-2020-17394
CVE-2020-17395
CVE-2020-17396
CVE-2020-17397
CVE-2020-17398
CVE-2020-17399
CVE-2020-17400
CVE-2020-17401
CVE-2020-17402

(Security NEXT - 2020/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ