Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース

ウェブサーバ「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正するアップデートが提供されている。

バージョンによって影響は異なるが、「同2.4系」にモジュール「mod_proxy_uwsgi」においてバッファオーバーフローが生じ、任意のコードを実行されるおそれがある「CVE-2020-11984」など4件の脆弱性が明らかとなったもの。

「mod_remoteip」や「mod_rewrite」の設定によっては、IPアドレスが偽装されるおそれがある「CVE-2020-11985」や、「HTTP/2」の一部処理においてサービス拒否に陥るおそれがある「CVE-2020-9490」「CVE-2020-11993」などが含まれる。

開発チームでは、脆弱性に対処した「同2.4.46」「同2.4.44」をリリース。利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 114」がリリース - 複数脆弱性を解消
「MS Edge 114.0.1823.41」をリリース - ゼロデイ脆弱性を解消
「MOVEit Transfer」のゼロデイ脆弱性 - 90日遡って侵害確認を
「Rancher」に深刻な脆弱性 - 管理者権限を取得されるおそれ
「curl」に複数の脆弱性 - アップデートにて修正
5月下旬に修正されたZyxel製品の脆弱性、早くも攻撃の標的に
「MS Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性への対応も準備中
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
WP向け人気プラグイン「Jetpack」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
Zyxel製機器の脆弱性、積極的な悪用も - あらたな脆弱性も判明