Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン

顧客から身に覚えのないログイン通知メールが届いたとの通報があり、調査を進めたところ両サイトにおいて不正ログインの試行を確認。不正ログインが試行されたIPアドレスからのアクセスを遮断した。

同社以外から流出したIDやパスワードを利用したパスワードリスト攻撃であると説明。顧客情報の改ざんや不正使用など閲覧以外の被害は確認されていないとしている。

同社では対象となる顧客に対し、メールで個別に連絡を取り、パスワードの変更を案内している。

(Security NEXT - 2020/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
ふるさと納税支援サイトにPWリスト攻撃 - 2000以上のIPアドレスから
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント