Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団

茨城県科学技術振興財団は、セミナーを案内するメールで送信ミスがあり、オンラインセミナーの参加予定者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同財団によれば、7月22日18時半、職員がオンラインセミナー参加予定者にメールを送信する際、送信先を誤って宛先に設定するミスが発生したもの。メールアドレス46件が受信者間で閲覧できる状態となった。

誤送信の直後にほかの職員が気づき、対象となるセミナー参加予定者にメールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。またオンラインセミナーの冒頭で再度謝罪し、誤送信したメールの削除について確認を行い、参加者から了解を得たとしている。

(Security NEXT - 2020/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大