Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団

茨城県科学技術振興財団は、セミナーを案内するメールで送信ミスがあり、オンラインセミナーの参加予定者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同財団によれば、7月22日18時半、職員がオンラインセミナー参加予定者にメールを送信する際、送信先を誤って宛先に設定するミスが発生したもの。メールアドレス46件が受信者間で閲覧できる状態となった。

誤送信の直後にほかの職員が気づき、対象となるセミナー参加予定者にメールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。またオンラインセミナーの冒頭で再度謝罪し、誤送信したメールの削除について確認を行い、参加者から了解を得たとしている。

(Security NEXT - 2020/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
発電所情報約7300件をメールで誤送信 - 九州電力送配電
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社