Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開

Adobe Systemsは、eコマースプラットフォーム「Magento」の深刻な脆弱性を解消するセキュリティアップデートを定例外でリリースした。商用版、オープンソース版のいずれも影響を受ける。

同社によれば、あわせて4件の脆弱性が明らかとなったもの。3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は2件。具体的には、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2020-9689」、セキュリティ対策をバイパスされる「CVE-2020-9692」で、いずれも悪用されるとコードを実行されるおそれがある。ただし、悪用には管理者権限が必要。

また署名の検証がバイパスできる「CVE-2020-9690」や、クロスサイトスクリプティング(XSS)「CVE-2020-9691」など、3段階中2番目の「重要(Important)」とされる2件の脆弱性が判明している。

同社は、「Magento Commerce 2(旧Magento Enterprise Edition)」「Magento Open Source 2(旧Magento Community Edition)」に対し、脆弱性を解消した「同2.4.0」および「同2.3.5-p2」をリリースした。

同社は適用優先度についていずれも3段階中2番目にあたる「2」とレーティング。30日以内を目安にアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

なお「Magento Commerce(旧Magento Enterprise Edition) 1.14」「Magento Open Source(旧Magento Community Edition) 1」については6月30日にサポートが終了しており、注意が必要。

(Security NEXT - 2020/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み