Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃

通信販売サイト「ショップチャンネル」に対してパスワードリスト攻撃があり、一部アカウントで不正ログインの被害が発生したことがわかった。

同サイトを運営するジュピターショップチャンネルによれば、第三者が本人になりすましてアクセスし、一部顧客でログインされる被害が発生したもの。

同社が実施しているモニタリングにより、7月15日に海外を発信元とする異常なアクセスを検知。調査を行ったところ、同日に不正なログイン試行が行われていたことが判明した。

今回の不正アクセスでは、264件のアカウントがログインを許し、このうち22件については、氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、クレジットカード番号の下4桁、有効期限、届け先に関する情報など、第三者によって個人情報を閲覧された可能性がある。二次被害などは確認されていないという。

同社経由で情報が流出した痕跡などは見つかっておらず、同社以外で取得されたIDやパスワードを用いたパスワードリスト攻撃であると同社は説明している。

(Security NEXT - 2020/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン - 約16万アカウントで