Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機

住友重機械工業は、インターンシップに応募した学生の個人情報を、従業員が誤って学生1人にメールで送信したことを明らかにした。

同社によれば、7月15日に従業員がメールを送信する際、宛先のメールアドレスを誤り、インターンシップに応募した学生の個人情報含む表計算ファイルを学生1人に送信したという。

誤送信したファイルには、学生443人の氏名、性別、年齢、大学、学部と学科、指導教員名、研究テーマ、所属サークル、自身の長所、インターンシップを紹介した同社従業員の氏名、インターンシップ受け入れ可否の結果などが含まれていた。

同従業員が誤送信に気づき、誤送信先の学生に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼。同学生からは、内容を確認する前に削除したとの連絡があったという。また個人情報が流出した学生に対し、謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2020/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社
マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字
発電所情報約7300件をメールで誤送信 - 九州電力送配電
店舗閉店の案内メールで誤送信 - クリーニングチェーン
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者