Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県

新潟県は、行政不服審査の請求人に関する個人情報を含むファイルを、誤って国が提供するデータベース上で公表したことを明らかにした。

同県によれば、個人情報を含む審査請求に対する裁決書のPDFファイルを、総務省が運用する「行政不服審査裁決・答申検索データベース」上で誤って公表するミスが発生したもの。

問題のPDFファイルでは、本文に記載された個人情報はマスキング処理が行われていたが、文書のプロパティ上に審査請求人6人分の姓または氏名などの個人情報が残存していたという。

7月8日10時ごろ、他自治体から連絡を受けて問題が発覚。個人情報を削除して再度公表した。同県では関係する審査請求人に対し、事情を説明して謝罪した。また今回の問題を受け、同県ウェブサイトなどにおいて同様のケースがないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2020/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
生活保護受給者の個人情報が流出、市長宛に届く - 八潮市
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市