Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市

大阪市は、市内小学校において児童の氏名やテスト結果などが記載されたノートの所在がわからなくなっていることを公表した。

同市によれば、6月26日13時ごろ、児童37人分の氏名やテスト結果、提出物などの記録、通知表の所見を書くためのメモなどが記載されていたノートを紛失していることに気がついたもの。

同日11時半ごろ、教諭がノートを教室の自分の机の上に置いて教室を離れたが、その後の所在がわからないという。

同教員は紛失の判明後、管理職に報告。教職員で校舎の内外を捜索したほか、児童や教職員から聞き取りを行ったが発見できなかった。

同校では、対象となる児童の家庭訪問を行い、保護者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院