Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ

静岡鉄道は、「静鉄電車ホームページ」が不正アクセスを受けて改ざんされ、アクセスした場合外部サイトへ誘導される可能性があったことを明らかにした。

同社によれば、静岡鉄道の運行情報や沿線でのイベントなどを紹介する同サイトが不正アクセスを受け、6月24日14時ごろからサイトを閉鎖した翌25日18時半ごろにかけて改ざんされた状態となっていたもの。期間中にアクセスした場合、悪意あるサイトへ誘導されるおそれがあった。

今回の不正アクセスによる個人情報の流出などは、確認されていないと説明。同社では、期間中にアクセスした場合は、セキュリティ対策ソフトでマルウェアに感染していないか確認するよう求めている。

同社では原因を特定。復旧作業を進めており、順次コンテンツの公開を再開している。

(Security NEXT - 2020/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
ウェブサイトの問合フォームが改ざん被害 - はくさん信金
サイト改ざんで一時アクセス不能に、検索サイトで不正表示も - 砺波信金
保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
横浜「ジョイナス」のサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導