Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響

Palo Alto Networksの製品やサービスで採用されているOS「PAN-OS」の認証処理に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。認証を回避されるおそれがあり、VPNなども影響を受ける。

同OSの「SAML(Security Assertion Markup Language)認証」において署名の検証処理に不備があり、認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2020-2021」が明らかとなったもの。

SAMLベースのシングルサインオン(SSO)認証を利用し、アイデンティティプロバイダの証明書を検証するオプションを有効化していない場合に影響を受ける。脆弱性は「PAN-OS 9.1系」「同9.0系」「同8.1系」「同8.0系」に存在。「7.1系」は影響を受けない。

「GlobalProtect Gateway」「GlobalProtect Portal」「GlobalProtect Clientless VPN」「Authentication and Captive Portal」では、認証によりアクセスを許可しているネットワークリソースに対し、脆弱性を悪用することで第三者が認証なしにアクセスすることが可能となる。

また同社ゲートウェイ製品「PAシリーズ」「VMシリーズ」や「Panorama」のウェブインタフェースに管理者としてログインされ、操作されるおそれがある。

(Security NEXT - 2020/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正