Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響

Palo Alto Networksの製品やサービスで採用されているOS「PAN-OS」の認証処理に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。認証を回避されるおそれがあり、VPNなども影響を受ける。

同OSの「SAML(Security Assertion Markup Language)認証」において署名の検証処理に不備があり、認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2020-2021」が明らかとなったもの。

SAMLベースのシングルサインオン(SSO)認証を利用し、アイデンティティプロバイダの証明書を検証するオプションを有効化していない場合に影響を受ける。脆弱性は「PAN-OS 9.1系」「同9.0系」「同8.1系」「同8.0系」に存在。「7.1系」は影響を受けない。

「GlobalProtect Gateway」「GlobalProtect Portal」「GlobalProtect Clientless VPN」「Authentication and Captive Portal」では、認証によりアクセスを許可しているネットワークリソースに対し、脆弱性を悪用することで第三者が認証なしにアクセスすることが可能となる。

また同社ゲートウェイ製品「PAシリーズ」「VMシリーズ」や「Panorama」のウェブインタフェースに管理者としてログインされ、操作されるおそれがある。

(Security NEXT - 2020/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査