Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響

Palo Alto Networksの製品やサービスで採用されているOS「PAN-OS」の認証処理に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。認証を回避されるおそれがあり、VPNなども影響を受ける。

同OSの「SAML(Security Assertion Markup Language)認証」において署名の検証処理に不備があり、認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2020-2021」が明らかとなったもの。

SAMLベースのシングルサインオン(SSO)認証を利用し、アイデンティティプロバイダの証明書を検証するオプションを有効化していない場合に影響を受ける。脆弱性は「PAN-OS 9.1系」「同9.0系」「同8.1系」「同8.0系」に存在。「7.1系」は影響を受けない。

「GlobalProtect Gateway」「GlobalProtect Portal」「GlobalProtect Clientless VPN」「Authentication and Captive Portal」では、認証によりアクセスを許可しているネットワークリソースに対し、脆弱性を悪用することで第三者が認証なしにアクセスすることが可能となる。

また同社ゲートウェイ製品「PAシリーズ」「VMシリーズ」や「Panorama」のウェブインタフェースに管理者としてログインされ、操作されるおそれがある。

(Security NEXT - 2020/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性