Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社

ロボットや人工知能の開発、販売を手がけるアールティは、不正アクセスによりウェブサイトが一時改ざんされ、無関係の外部サイトに転送される状態となったことを明らかにした。

同社によれば、6月9日10時ごろより、同社サイトを閲覧すると外部のサイトへ転送される状態となっていたもの。不正アクセスを受けてウェブサイトの設定が書き換えられたという。

同日10時半にサイトを停止。12時ごろより一時的にバックアップに差し替え、原因を特定後、翌11日には復旧した。

同社は今回の不正アクセスによる個人情報の流出を否定。同社オンラインショップについても、異なるサーバでが運営しており影響はなく、顧客情報の流出はないと説明している。

(Security NEXT - 2020/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
特別な「アノニマス対策」は不要、普段から基本的な対策を
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
ファッション通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用か
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性