Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社

ロボットや人工知能の開発、販売を手がけるアールティは、不正アクセスによりウェブサイトが一時改ざんされ、無関係の外部サイトに転送される状態となったことを明らかにした。

同社によれば、6月9日10時ごろより、同社サイトを閲覧すると外部のサイトへ転送される状態となっていたもの。不正アクセスを受けてウェブサイトの設定が書き換えられたという。

同日10時半にサイトを停止。12時ごろより一時的にバックアップに差し替え、原因を特定後、翌11日には復旧した。

同社は今回の不正アクセスによる個人情報の流出を否定。同社オンラインショップについても、異なるサーバでが運営しており影響はなく、顧客情報の流出はないと説明している。

(Security NEXT - 2020/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン