Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大

東京大学において、メールの送信ミスがあり、研究協力者のメールアドレスが流出したことがわかった。

大学院教育学研究科付属発達保育実践政策学センターによれば、4月30日に実施する新型コロナウイルス感染症に伴う乳幼児の成育環境の変化に関する緊急調査の協力依頼メールや謝罪するメールにおいて操作ミスが発生したもの。送信先である558人のメールアドレスと一部氏名が、受信者間で閲覧できる状態となった。

担当者はメールの操作に慣れており、情報教育も受けていたが、不注意などが重なりミスが生じたという。同センターでは、関係者に対してメールで事情を説明して謝罪。マニュアルやチェック体制の見直し、セキュリティ教育の実施などを通じて再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2020/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF