Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意

楽天を装うフィッシングメールが複数確認されている。フィッシング攻撃で頻繁に見られる「強く不安を煽る」記載を含まない内容だった。

フィッシング攻撃について注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回の攻撃では2種類の文面が確認されているという。6月5日の時点で誘導先のフィッシングサイトについて稼働が確認されている。

ひとつは「楽天を装った不審なメールが届いたという問い合わせが寄せられている」などとして、利用者全員にフィッシングについて注意喚起を行っているとの内容。

不審なメールについて、本文内のリンクを開かず、削除するよう求めるとともに、不審なサイトにメールアドレスやパスワードなどを入力した場合は、すぐにパスワードを変更し、使い回しなど行っている場合もパスワードを変更するよう記載していた。

メールの本文に、「不正なログインを確認した」「対応しなければサービスの利用を停止する」など、フィッシングメールで常套手段となっている「大きく不安を煽る記載」は含まれないが、HTMLメールとなっており、複数記載されていた同社ドメインを含むURLのリンクをクリックすると、転送を経てフィッシングサイトへ誘導される。

(Security NEXT - 2020/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意