Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン

暗号資産(仮想通貨)取引所サービス「bitbank.cc」を展開するビットバンクは、同社が利用するドメイン登録サービスのアカウントが不正アクセスを受け、ドメイン情報が改ざんされる被害が発生したことを明らかにした。

同社では、GMOインターネットが提供するドメイン登録サービス「お名前.com」を利用していたが、同社が利用するアカウントが不正アクセスを受け、同社コーポレートサイトで利用しているドメイン「bitcoinbank.co.jp」の情報が第三者によって書き換えられる被害が発生したという。

5月27日2時ごろ、第三者によりドメイン情報が改ざんされたもので、その後同社では異常を検知。調査を進め、5月29日20時40分ごろにアカウントを回復し、書き換えられたドメイン登録情報を修正した。

同社は、今回のドメインの書き換えによる情報の流出について否定。同社取引所サービスで利用するドメイン「bitbank.cc」は、別のドメイン登録サービスを利用しているため、顧客の預かり資産などに影響はないとし、顧客サポート用メールアドレスのドメインも異なるものを利用していると説明している。また今回被害に遭ったドメインを踏み台とした攻撃なども確認されていない。

同社は、今回の問題に関しては、6月3日にGMOインターネットより「お名前.com」に脆弱性があったとの報告を受けたという。コインチェックでも同様の被害を公表しており、同じ手口と見られる。

(Security NEXT - 2020/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発