Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き

テレワーク環境を導入する企業の増加を受けて、一部ベンダーは、無料のセキュリティ対策の相談窓口を設置している。

NECでは、6月1日から30日までテレワーク環境のセキュリティ対策について相談できるサービスを開始した。実際にテレワークを実施しているノウハウを活かしたもので、1回までとなるが、30分間の相談に無償で対応する。

オンライン会議ツール「Zoom」または電話を通じて提供するほか、同社が作成したアセスメントツールの無償提供なども行うという。

一方キヤノンシステムアンドサポートは、テレワークの導入を検討している中堅、中小企業向けの相談窓口を開設した。セキュリティはもちろん、ネットワーク環境や運用ルールの策定、労務管理などテレワークの導入に関する幅広い相談に対応するという。

(Security NEXT - 2020/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加