Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き

テレワーク環境を導入する企業の増加を受けて、一部ベンダーは、無料のセキュリティ対策の相談窓口を設置している。

NECでは、6月1日から30日までテレワーク環境のセキュリティ対策について相談できるサービスを開始した。実際にテレワークを実施しているノウハウを活かしたもので、1回までとなるが、30分間の相談に無償で対応する。

オンライン会議ツール「Zoom」または電話を通じて提供するほか、同社が作成したアセスメントツールの無償提供なども行うという。

一方キヤノンシステムアンドサポートは、テレワークの導入を検討している中堅、中小企業向けの相談窓口を開設した。セキュリティはもちろん、ネットワーク環境や運用ルールの策定、労務管理などテレワークの導入に関する幅広い相談に対応するという。

(Security NEXT - 2020/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ