Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認

Mozillaは、「Firefox 74.0.1」をリリースし、脆弱性2件を修正した。脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃が確認されているという。

今回のアップデートは、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-6819」「CVE-2020-6820」へ対処したもの。脆弱性を悪用されるとシステムの制御を奪取されるおそれがある。

いずれも脆弱性の重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。開発チームでは、これら脆弱性を悪用した標的型攻撃を把握しているという。

開発チームでは、脆弱性へ対処した「Firefox 74.0.1」をリリース。あわせて延長サポート版「Firefox ESR 68.6.1」を公開した。

(Security NEXT - 2020/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開