Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割

2019年第4四半期におけるクレジットカードの不正使用被害額は、68億8000万円だった。クレジットカード番号の盗用被害が8割超を占める。

20200402_jc_001.jpg
クレジットカードの被害額(グラフ:日クレ協の発表をもとに独自に作成)

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に銀行系、信販会社、流通系のクレジットカード事業者、中小の小売団体など、クレジットカード発行事業者44社を対象に不正使用被害の状況を調査、取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は68億8000万円。前四半期から8000万円の増加となった。2018年第4四半期以降、60億円台後半で推移している。被害額の内訳を見ると、番号盗用被害が55億9000万円で全体の81.3%を占めた。2018年第4四半期以降、80%を超える状況が続く。

番号盗用被害を国内外別に見ると、国内が35億1000万円で、海外が20億8000万円だった。国内の割合は、前四半期の68.4%から5.6ポイント減となる62.8%。依然6割超を占めるが、73.4%と高い割合を示した2018年第4四半期以降、減少傾向が続いている。

一方、偽造カード被害は4億5000万円で、前四半期から1000万円減。国内の被害額が1億3000万円で前四半期から横ばい。海外の被害額は3億2000万円で、前四半期と同じく海外の割合が7割を超えている。

(Security NEXT - 2020/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超