Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」をリリース

Appleは、同社のスマートデバイス向けに最新OS「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」をリリースした。脆弱性30件を修正したという。

今回のアップデートでは、機能の強化や改善、バグの修正のほか、カーネルに関する脆弱性2件や「WebKit」に関する脆弱性10件など、あわせて30件の脆弱性に対処した。

メールや添付ファイル、メッセージ、Bluetooth、画像やアイコン処理、Safariなど多数の脆弱性へ対処している。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-3883
CVE-2020-3885
CVE-2020-3887
CVE-2020-3888
CVE-2020-3890
CVE-2020-3891
CVE-2020-3894
CVE-2020-3895
CVE-2020-3897
CVE-2020-3899
CVE-2020-3900
CVE-2020-3901
CVE-2020-3902
CVE-2020-3909
CVE-2020-3910
CVE-2020-3911
CVE-2020-3913
CVE-2020-3914
CVE-2020-3916
CVE-2020-3917
CVE-2020-3919
CVE-2020-9768
CVE-2020-9770
CVE-2020-9773
CVE-2020-9775
CVE-2020-9777
CVE-2020-9780
CVE-2020-9781
CVE-2020-9783
CVE-2020-9785

(Security NEXT - 2020/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ