Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合

成人向け動画サービス「SODプライム」において、登録会員の一部情報が、関係ない別の会員から閲覧可能になっていたことがわかった。

同サービスを運営するソフト・オン・デマンドによれば、同サイトの配信環境に問題があり、3月16日、翌17日の2度にわたり、ログイン後にアクセスした会員とは関係ない異なる会員情報がサイト上に表示される状態へ陥ったという。

ニックネームやメールアドレス、購入履歴、視聴履歴、レビューリスト、投稿動画などが閲覧できたほか、配送情報の登録がある会員は、氏名や住所、電話番号なども含まれる。

アクセスの集中に対策するため、同社では3月16日19時23分ごろにCDNサービスの利用を開始したが、3月16日22時50分ごろに、「ログインしたら他人のアカウントに切り替わった」との会員による指摘がクレジット決済代行会社を通じて寄せられ、関係ない会員情報を閲覧できる状態となっていることが判明した。

(Security NEXT - 2020/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金