Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%

日本クレジット協会は、2019年12月末時点でICチップを搭載したクレジットカードの割合が95.1%となったことを明らかにした。3月末には99.5%に達する見込み。

同協会によると、2019年12月末時点で調査対象会社において、ICチップを搭載したクレジットカードの割合が総発行枚数における95.1%に達したことを明らかにした。同協会に加盟するカード会社258社のうち、137社で100%のIC化を実現している。

同協会では、2020年3月末までにIC化率100%を目指して活動を展開してきたが、期限内に99.5%を達成できるとの見通しを示し、引き続き完全IC化を目指して活動を展開していく。

またICカードの普及とあわせて、クレジットカード利用者に対し、ICチップを搭載したクレジットカードによる取引では、「サイン」よりも「暗証番号」を用いた本人確認の方が安全であることの普及啓発を推進。

「クレジット業界ではICクレジット取引を推進しています」をキャッチフレーズに、啓発サイトやウェブバナーを作成。重要性について解説するアニメーション動画なども通じて利用を呼びかけていく。

(Security NEXT - 2020/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、「PrintNightmare」で緊急指令 - 複数攻撃者が悪用
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
主要行、「SPF」の利用進むも約7割が「DMARC」未導入