Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%

日本クレジット協会は、2019年12月末時点でICチップを搭載したクレジットカードの割合が95.1%となったことを明らかにした。3月末には99.5%に達する見込み。

同協会によると、2019年12月末時点で調査対象会社において、ICチップを搭載したクレジットカードの割合が総発行枚数における95.1%に達したことを明らかにした。同協会に加盟するカード会社258社のうち、137社で100%のIC化を実現している。

同協会では、2020年3月末までにIC化率100%を目指して活動を展開してきたが、期限内に99.5%を達成できるとの見通しを示し、引き続き完全IC化を目指して活動を展開していく。

またICカードの普及とあわせて、クレジットカード利用者に対し、ICチップを搭載したクレジットカードによる取引では、「サイン」よりも「暗証番号」を用いた本人確認の方が安全であることの普及啓発を推進。

「クレジット業界ではICクレジット取引を推進しています」をキャッチフレーズに、啓発サイトやウェブバナーを作成。重要性について解説するアニメーション動画なども通じて利用を呼びかけていく。

(Security NEXT - 2020/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ分野功績者を表彰する「総務大臣奨励賞」が募集開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表