Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響

リコーが提供するプリンタドライバに権限昇格の脆弱性が含まれていることがわかった。複合機やプリンタなど多数機器に影響が及ぶという。

権限昇格の脆弱性「CVE-2019-19363」が明らかとなったもので、脆弱性を含むドライバがインストールされた端末において、ログイン権限を持つユーザーによって管理者権限を取得されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアは「7.8」。

対象となるドライバは、「RPCSドライバ」「PSドライバ」「PCL6(PCL XL)ドライバ」「RPCSラスタードライバ」「PC-FAXドライバ」ですべてのバージョンが影響を受ける。対象機器は、複合機やプリンタ、ファックスなど多岐にわたる。

同脆弱性は、リコーがJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施。同社は脆弱性へ対処する「Printer Driver Security Program Ver.1.3.0.0」を公開。利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正