Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク関連会社が運営する競馬情報サイトでシステム障害 - 個人情報が閲覧可能に

ソフトバンク関連会社のオッズ・パークが運営する競馬情報サイト「オッズパーク」において他会員の個人情報が閲覧可能となるシステム障害が発生したことがわかった。同社では、7日時点においてもシステムを停止しており、復旧の目処はたっていない。

同社によれば、10月1日10時のサービス開始時から10時12分にシステムを停止するまで、PCや携帯電話でサイトへアクセスした場合、他会員の個人情報が閲覧できる状態になったという。

同社ではサービスを停止してシステムを改修を実施し、2日よりサービスを再開したが、4日に再び携帯電話でアクセスした顧客で同様の問題が判明。システムを開発した伊藤忠テクノソリューションズなどと原因の究明を進めたところ、重大な問題が明らかとなり、再び運用を停止している。

閲覧可能となった会員情報は、氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、ニックネーム、ID、加入者番号、馬券購入情報など。同社では影響を受けた会員へ個別に連絡を行っている。

復旧の見込みははっておらず、電話などを利用する一部サービスを除き現在もシステムを停止している。同社では、個人情報が漏洩した可能性のある会員に対し、個別に連絡するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
健康食品扱う複数通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園