Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

初心者向けに脆弱性対策セミナーを開催 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、都内で「脆弱性対策の効果的な進め方」の初級者向けセミナーを3月10日に開催する。

同セミナーは、脆弱性を悪用するセキュリティインシデントを防止するため、効果的な対策について紹介する取り組み。日々収集した脆弱性関連情報から深刻度を評価する方法など、攻撃のデモやIPAの取り組みなど踏まえつつ紹介する。同機構では2019年3月18日にも同内容のセミナーを開催している。

いずれも経験年数が1年から2年の製品開発やシステム管理担当者、セキュリティ管理担当者を対象としている。会場は同機構で参加費は1000円。定員は40人で定員に達し次第、受け付けを終了する。

(Security NEXT - 2020/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ