Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大

同大では問題のアカウントについてパスワードを変更し、自動転送の設定を解除。関連する学生や学外関係者に連絡を取り、謝罪した。

また別のメールアカウントが第三者によって不正アクセスを受け、フィッシングメールの送信に悪用されたことが同年10月24日に判明した。

同大では、同アカウントのパスワードを変更。フィッシングメールの送信対象となったのべ288人の受信者に対して謝罪し、注意を呼びかけた。

いずれもメールアカウントのパスワードが破られ、不正アクセスを受けたものだが、原因や経緯はわかっておらず、2件の関連性についても不明だという。

同大では教職員が利用するすべてのアカウントを対象に、パスワードの変更を実施し、不正転送について注意を喚起した。今後は多要素認証の導入などセキュリティ対策の強化を図るとしている。

お詫びと訂正:記事見だしが「東京農業大学」の略称である「東京農大」となっており、訂正いたしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス