Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで

法人向け情報発信サービス「note pro」を利用する一部法人の担当者情報が、意図せず他利用者より閲覧できる状態だったことがわかった。

同サービスを運営するピースオブケイクによれば、Googleフォームに入力された同サービス利用企業の情報が閲覧可能な状態となっていたもの。

同社では、Googleフォームで作成した応募フォームのURLを含むメールを2019年10月18日より利用者297人へ送信していたが、フォームページ内のボタン操作によって他法人担当者の情報が閲覧できる状態だった。1月8日にメールを受信した企業から指摘があり、問題が判明した。

閲覧された可能性のあるのは、法人名や法人の住所、電話番号、従業員数、メールアドレス、担当者の氏名、所属、役職、プランの内容などで、最大で148件にのぼるという。

同社では問題のフォームについて設定を修正し、外部からの閲覧を制限。対象となる法人担当者への報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社