Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで

法人向け情報発信サービス「note pro」を利用する一部法人の担当者情報が、意図せず他利用者より閲覧できる状態だったことがわかった。

同サービスを運営するピースオブケイクによれば、Googleフォームに入力された同サービス利用企業の情報が閲覧可能な状態となっていたもの。

同社では、Googleフォームで作成した応募フォームのURLを含むメールを2019年10月18日より利用者297人へ送信していたが、フォームページ内のボタン操作によって他法人担当者の情報が閲覧できる状態だった。1月8日にメールを受信した企業から指摘があり、問題が判明した。

閲覧された可能性のあるのは、法人名や法人の住所、電話番号、従業員数、メールアドレス、担当者の氏名、所属、役職、プランの内容などで、最大で148件にのぼるという。

同社では問題のフォームについて設定を修正し、外部からの閲覧を制限。対象となる法人担当者への報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も