Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新

「Firefox」の開発チームは、深刻な脆弱性が見つかったとして「Firefox 72.0.1」をリリースした。

複数の脆弱性へ対処し、新機能なども搭載した「Firefox 72」を米時間7日に公開したばかりだが、緊急性が高い脆弱性が明らかになったことから、急遽セキュリティアップデートをリリースしたもの。

今回対処したのは、JITコンパイラ「IonMonkey」の処理において型の取り違えが生じる脆弱性「CVE-2019-17026」。すでに脆弱性を悪用した標的型攻撃が確認されているという。

開発チームでは、同脆弱性へ対処した延長サポート版「Firefox ESR 68.4.1」についてもあわせてリリースした。

(Security NEXT - 2020/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
「Salesforce DX」のCLIで作成したURL、誰でも管理画面へアクセス可能に