Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む要支援者名簿が所在不明 - 那覇市

沖縄県那覇市は、要支援者の個人情報を含む「避難行動要支援者名簿」が所在不明になっていることを明らかにした。

「避難行動要支援者名簿」は、災害対策基本法のもと、災害から避難行動要支援者を保護するため、各自治体が作成している名簿。

同市によれば、民生委員が自宅で保管していた70人分の氏名や住所、年齢、性別、世帯区分、支援が必要な理由などが記載されていた名簿の所在がわからなくなっているという。

那覇市民生委員児童委員連合会を通じて日ごろの見守り活動に同名簿を利用していたが、民生委員から自宅にあるはずの名簿が見当たらないとの申し出が2019年12月13日にあり、紛失が判明した。同市ではチェック体制など見直しを実施し、再発を防止するとしている。

(Security NEXT - 2020/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市