Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazonプライムの自動解除」装うフィッシング - CDNを悪用

Amazonが利用者向けに提供している有料オプションの自動更新設定が解除されたなどとだまし、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認された。

問題のフィッシングメールは、Amazon.co.jpを装い、「Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!」といった件名で送信されているもの。

メールの本文は、72時間以内にアカウントを確認しないと利用制限を実施するなどと不安を煽る内容で、正規メールのデザインを盗用したと見られる「会員情報の管理ページで確認」とのリンクよりフィッシングサイトに誘導していた。

今回確認されたケースでは、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)である「Cloudflare」を用いてフィッシングサイトがホストされていた。すでにブラウザや同サービスにおけるフィッシングサイトのリストに追加されており、誤ってメールのリンクをクリックしても警告画面が表示される状態となっている。また12月25日の時点でウェブサイトそのものは削除されていた。

(Security NEXT - 2019/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を