Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMS「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートが公開

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」の開発チームは、複数の脆弱性へ対処したアップデートをリリースした。

重要度がもっとも高いのは、サードパーティ製のライブラリ「PEAR Archive_Tar」に起因した複数の脆弱性。「tar」ファイルなどを不正にアップロードされるおそれがある。

脆弱性の重要度は、5段階中2番目に高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしており、12月4日にリリースされた「Archive_Tar 1.4.9」へと更新した「Drupal 8.8.1」「同8.7.11」「同7.69」をリリースした。

また「Drupal 8.8.1」「同8.7.11」では、アクセスのバイパスやサービス拒否など重要度中「中(Moderately Critical)」とする脆弱性3件についても、あわせて修正を実施している。

「Media Library」モジュールにおいて、アクセス制御がバイパスされる脆弱性や、一部モジュールで「.htaccess」をはじめ、システムファイルのアップロードをできる脆弱性、「install.php」ファイルによってキャッシュされたデータが破損する可能性がある問題などに対処した。

(Security NEXT - 2019/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開