Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集

総務省と経済産業省は、「クラウドサービスの安全性評価に関する検討会」における取りまとめ案について、パブリックコメントの募集を開始した。

同検討会は2018年8月にスタート。クラウドサービスに関する既存の各種ガイドライン、国内外の認証制度、監査制度などを参考に、適切なセキュリティを満たすクラウドサービスを政府が導入するために必要な評価方法について検討を進めている。

今回、「クラウドサービスの安全性評価制度」の位置づけや活用方法、制度運営における体制、監査の対象期間や申請期限、各種基準の検討方法、今後の進め方や課題など、同検討会による取りまとめに対して、意見の募集を開始した。

意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」の提出フォームやメールで受け付ける。締め切りは12月27日0時必着。

20191213_me_001.jpg
取りまとめ案の目次

(Security NEXT - 2019/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省