Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県

高知県農業協同組合は、個人情報が記載された内部資料を誤った宛先へファックス送信したことを明らかにした。

同組合によれば、11月11日、組合内で内部資料を受け渡すためファックスを利用したが、誤った番号に送付したもの。誤送信した資料には15人分の氏名、電話番号、顧客番号、口座番号、貯金残高、貯金種類などが記載されていた。

誤送信先からの連絡があり判明。誤送信先を訪問して謝罪したうえ、誤送信したファックスを回収した。

(Security NEXT - 2019/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県