Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性

WordPress向けにセキュリティ対策機能などを提供している人気プラグイン「Jetpack」に脆弱性が明らかとなった。

同プラグインは、マルウェアやブルートフォース攻撃への対策、バックアップ、認証機能といったセキュリティ対策のほか、パフォーマンスの向上、サイトの管理機能などを提供しているプラグイン。500万以上のサイトで導入されている。

同プログラムを開発するAutomatticによれば、同プラグイン「同5.1」以降で、埋め込みコードの処理において脆弱性が明らかとなったもの。悪用は確認されていないとしている。

脆弱性の判明を受けて、脆弱性を修正し、機能の向上やバグの修正を含む最新版「同7.9.1」をリリース。さらにWordPress.orgのセキュリティチームと協力し、「同5.1」以降のバージョンに対してもパッチを用意した。

多くのサイトで自動更新がされたとしているが、更新プログラムのリリースにより、脆弱性が悪用されるリスクが高まったとして利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応