Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

首都大教員PCがマルウェア感染 - 実在企業名乗るメールで

首都大学東京は、同大教員のパソコンがマルウェアに感染し、メールアドレスが窃取されたことを明らかにした。

同大によれば、10月21日に同大教員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染していることが判明したもの。同月18日17時ごろより、同大の教職員をかたるメールが届いたため、教職員や学生、関係者などへ注意喚起を行っていたところ判明したという。

10月18日10時ごろ、実在する雑誌社をかたるメールの添付ファイルを教員が開封したことから、マルウェアへ感染。その後の調査で、同教員とやりとりしたメールアドレスの一部が窃取されていることがわかった。

同教員のメールボックスには、受信メール1万2069件や送信メール6774件など、あわせて1万8843件のメールが保存されていた。メールアドレスやメールの本文、添付ファイルの流出状況について現在調査を進めている。

同大では、同大教職員をかたる不審なメールに注意を呼びかけており、メールに記載されたリンクや添付ファイルを開かないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る