Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

首都大教員PCがマルウェア感染 - 実在企業名乗るメールで

首都大学東京は、同大教員のパソコンがマルウェアに感染し、メールアドレスが窃取されたことを明らかにした。

同大によれば、10月21日に同大教員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染していることが判明したもの。同月18日17時ごろより、同大の教職員をかたるメールが届いたため、教職員や学生、関係者などへ注意喚起を行っていたところ判明したという。

10月18日10時ごろ、実在する雑誌社をかたるメールの添付ファイルを教員が開封したことから、マルウェアへ感染。その後の調査で、同教員とやりとりしたメールアドレスの一部が窃取されていることがわかった。

同教員のメールボックスには、受信メール1万2069件や送信メール6774件など、あわせて1万8843件のメールが保存されていた。メールアドレスやメールの本文、添付ファイルの流出状況について現在調査を進めている。

同大では、同大教職員をかたる不審なメールに注意を呼びかけており、メールに記載されたリンクや添付ファイルを開かないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で