Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意図しない外部サイト表示、外部サービス原因か - ワイン通販サイト

エノテカは、同社のワイン通信販売サイトにおいて、意図しない外部サイトが表示される状態だったことを明らかにした。利用する外部サービスのタグが原因だという。

同社によれば、10月26日21時ごろより、「エノテカ・オンライン」において意図しない外部サイトが表示される状態となったもの。翌27日11時にサービスを停止して原因を調べていた。

同サイトで読み込んでいた外部ASPサービスのJavaScriptに、特定ページを表示する記述が含まれていたことが原因だと説明している。

同サイトに対する不正アクセスは確認されておらず、同社は原因となったタグを削除してサイトを再開。問題のタグについては、提供元も含めて引き続き詳細について調べているという。

(Security NEXT - 2019/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン