Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市

静岡市の市立小学校において、児童の個人情報が記載された「緊急時引き渡しカード」の一部が所在不明となっている。

同市によれば、4年生1クラス分と6年生1クラス分の緊急時引き渡しカードを紛失したもの。10月1日に職員が児童宅へ連絡しようとした際、見あたらないことに気が付いた。あわせて児童54人分の氏名や住所、電話番号、保護者名、緊急時の引受人の連絡先などが記載されている。

同校では、緊急時引き渡しカードを綴ったファイルは、使用ごとに施錠する棚で管理することになっていたが、実際は毎日使用時にひとたび開錠すると、そのまま施錠しない状態に置かれていた。

同じ棚には別のファイルも保管されており、別のファイルへ紛れたり、職員が誤って取り出したまま返却せず、紛失した可能性もあるという。

同校では対象となる学級の保護者会を開催。事情の説明を行った。悪用などの報告は寄せられていないという。

(Security NEXT - 2019/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院