Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処

Oracleは、「Java SE」の最新版をリリースした。CVEベースで20件の脆弱性に対処している。

同社が四半期ごとに公開している「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて修正を実施したもの。バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、あわせて20件の脆弱性を解消した。

いずれも共通脆弱性評価システム「CVSS v3」におけるスコアは「7」未満となっており、最も高い脆弱性で「CVE-2019-2949」「CVE-2019-2989」で「6.8」だった。いずれもリモートより悪用が可能だという。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 13.0.1」「同11.0.5」「同8u231」を公開。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース