Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Visa、加盟店における安全な決済アプリの利用を確認する要件を発表

Visaは、金融機関に対し、取引先加盟店で安全な決済用アプリケーションが使用されていることを確認するためのグローバル要件を発表した。

同要件は、クレジットカード業界におけるペイメントアプリケーションデータセキュリティ基準「Payment Application Data Security Standards(PA-DSS)」に準拠した決済ソフトの利用を加盟店や代理店において義務化したもの。基準に準拠したアプリケーションは、認証データ、PIN データなど重要なデータを保管しない仕様となっている。

米国やカナダでは、新規、既存加盟店について2010年7月1日以降、PA-DSSに準拠したアプリケーションの利用を義務化。さらにアジア太平洋地域をはじめとする他地域においても、Visa加盟店契約会社は2010年7月以降の新規加盟店にPA-DSS準拠アプリケーションを使用することの徹底を定めた。また既存加盟店についても2012年7月1日以降は同様の基準について義務化する。

同社では要件導入の背景に、脆弱なアプリの利用が情報漏洩につながっているとし、特に小規模な加盟店において傾向が顕著であると指摘。脆弱性が含まれる特定バージョンのソフトウェアが犯罪者の標的になっているという。

(Security NEXT - 2009/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン