Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪港開港150年記念のドメインを第三者が取得 - アダルトサイトに

大阪市が実施したイベントの公式サイトで利用していたドメインが第三者によって取得され、無関係のコンテンツを配信するために利用されていることがわかった。同市は同ドメインへのリンクを削除してほしいと呼びかけている。

問題が明らかとなったのは、2017年に実施された「大阪港開港150年記念事業」の公式サイトで利用していたドメイン。同市によれば、10月1日に外部より公序良俗に反するサイトへ接続されるとの指摘を受け、調べたところ第三者が取得、同ドメインを通じて無関係のコンテンツが配信されていることが判明した。

事業終了後に同市が委託先よりサイトの管理を引き継ぐ際、ドメインの権利期間について十分な引き継ぎが行われておらず、ドメインの利用契約期間が終了。8月下旬に第三者が取得し、10月7日の時点でアダルトサイトの配信に利用されている。

今回の問題を受けて、同市では、同市関係サイト内に掲載していた同ドメインへのリンクをすべて削除。同ドメインへ不用意にアクセスしないよう注意喚起するとともに、同サイトへリンクを設定している場合は、削除してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - TRE HDグループ会社
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
鹿児島県の過去使用ドメイン4件、第三者が取得
「dカード」利用者を狙う偽メール - 架空の利用照会など複数文面で
IT資産を調査、リスクを評価できるASMサービス - SST
アズジェント、攻撃対象領域の分析サービス - 1回限定で無償提供
メール機器に脆弱性、約7カ月半にわたり侵害 - 教職員支援機構
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン