Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市

千葉県習志野市は、介護予防事業の対象となる住民の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、問題のUSBメモリには、257世帯265人分の氏名、住所、性別、生年月日、世帯主氏名などが含まれていた。

9月9日に高齢者支援課で介護予防事業の担当者がデータ移管作業のためUSBメモリを使用しようとしたところ、紛失していることに気が付いた。同USBメモリはナンバーを付けて、施錠できるキャビネット内の保管箱で管理していたという。

同市では、対象となる住民に謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2019/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含む教諭の私物USBメモリが所在不明に - 北九州市小学校
小学校で通知表所見データ含むUSBメモリを紛失 - 仙台市
個人情報や学士入試問題草稿など含むUSBメモリを紛失 - 東大
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院