Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム

ミサワホームは、オーナーの個人情報が記載されたファイルを、誤って提携業者に提供していたことを明らかにした。

同社によれば、提携している工事業者および資材取引業者とデータの送受信を行った際、不注意により、オーナーの個人情報1100件が記載された表計算ファイルを提供したという。氏名や住所、請負金額などが含まれる。

同社では、誤って提供した個人情報をすでに回収。提供先の提携業者から第三者への流出や不正利用はなかったことを確認した。また、国土交通省に事故について報告している。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か