Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム

ミサワホームは、オーナーの個人情報が記載されたファイルを、誤って提携業者に提供していたことを明らかにした。

同社によれば、提携している工事業者および資材取引業者とデータの送受信を行った際、不注意により、オーナーの個人情報1100件が記載された表計算ファイルを提供したという。氏名や住所、請負金額などが含まれる。

同社では、誤って提供した個人情報をすでに回収。提供先の提携業者から第三者への流出や不正利用はなかったことを確認した。また、国土交通省に事故について報告している。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供