Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム

ミサワホームは、オーナーの個人情報が記載されたファイルを、誤って提携業者に提供していたことを明らかにした。

同社によれば、提携している工事業者および資材取引業者とデータの送受信を行った際、不注意により、オーナーの個人情報1100件が記載された表計算ファイルを提供したという。氏名や住所、請負金額などが含まれる。

同社では、誤って提供した個人情報をすでに回収。提供先の提携業者から第三者への流出や不正利用はなかったことを確認した。また、国土交通省に事故について報告している。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
非公表が条件の企業提供情報をメールに誤添付 - 国交省
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
同意なくトヨタの認証サービスに顧客情報を登録 - 埼玉トヨタ
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト