Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置

米財務省外国資産管理局(OFAC)は、北朝鮮支援のサイバー攻撃グループに関与する取り引きの禁止や金融資産を凍結する制裁措置を発表した。

米政府では、これまでも米国土安全保障省など通じて、北朝鮮が関与したとされるマルウェアの脅威情報をたびたび公開しているが、OFAC規制の対象に関連3グループを追加するあらたな経済通商制裁を発表した。

対象となるのは、「Lazarus」および「Bluenoroff」「Andariel」として知られる3グループ。北朝鮮の違法な武器やミサイルの開発などに関与していることを理由に、これらグループとの取り引きを禁止した。金融サービスを提供した場合なども制裁対象となる。

米財務省では、これら3グループが、政府や軍事、金融、製造、出版、メディア、エンターテイメント、海運会社などの機関、および重要なインフラストラクチャをターゲットに活動していると述べている。

(Security NEXT - 2019/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず