Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が

IDやパスワードなどがフィッシング攻撃によって詐取され、携帯電話会社の「キャリア決済」が不正利用されたという相談が、全国の消費生活センターへ寄せられている。

「キャリア決済」は、携帯電話の利用料金とあわせて請求が行われる決済サービス。主要キャリアは「ドコモ払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」といったサービスを展開している。

通信販売やコンテンツ販売、オンラインゲームなどに利用されており、各携帯電話キャリアの画面でID、パスワード、暗証番号を入力することで決済が行える。クレジットカードが不要なため、クレジットカードを持てない学生などの需要もある。

容易に決済が完了し、支払先を一括できることから利用が拡大。一方で「ID」「パスワード」「暗証番号」によって決済が完了する手軽さから、SMSを利用したフィッシング攻撃、いわゆる「スミッシング」の標的となっており、国民生活センターが注意喚起を行った。

具体的な手口としては、携帯電話会社を偽装。「不正ログインされた可能性がある」「電話代が高額になっている」「プレゼントがある」などといったショートメッセージ(SMS)を送信して、メッセージ内のリンクから携帯電話会社の偽サイトへ誘導。IDやパスワード、暗証番号などをだまし取っていた。

(Security NEXT - 2019/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中
ゆうちょ銀装うフィッシング攻撃 - 24時間以内のアクセス求める
住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連